• レジリエンスな社会、生き方、育て方。個人と組織のパフォーマンスアップにつなる情報サイト。(一社)トータルセーフティネット。岩手大船渡の防災士・産業カウンセラー

この講座の内容と流れ

■(1グループ4,5人)×8グループくらいまで一度に行えます。
災害時の避難所運営シュミレーションゲーム。

ご用意していただく物

■模造紙
■校舎見取り図
■A4用紙(20枚くらい)
■マジック
■テーブル

HUG(避難所運営ゲーム)で大切にしていること

■各グループの対応状況を共有
■各グループの良い取り組みを紹介


自主防災組織などのように、定期的にHUGや避難所運営について考えられことはまれで、防災学習の一環として学校さんが行う場合は、年に1度、もしくは数年に1度、HUG(避難所運営ゲーム)に取り組むのではないかと思います。

避難所運営について考える限られた時間で、とても貴重な機会です。

ですから、より多くの気づきと臨機応変力につなげていただきたいので、最後の振り返りの時間だけでなく、ゲームの途中でも他のグループの対応などを共有することを大切にしています。

時間に余裕があれば、防災講座・避難訓練の大切さもお伝えします

有事や災害時、8割の方がフリーズ(思考停止)してしまうといわれています。さらに、発災後は防災無線やサイレンが鳴り響きますので、さらに動揺したり冷静さを欠いてしまいます 。

行動できる人を増やし、困難を乗り越える力を

大きな自然災害を目の当たりにして、無力感にさいなまれまる方も少なくありません。

災害時に多くの方が抱く無力感には2種類あります。

①災害を前になすすべがない無力感
②救助や物資が届くまで何もできなかった無力感



①は、災害は、人間の手でコントロールすることはむずかしいので、コントロールできない無力感といえます。

②は、救助がくるまでに何かできることがあれば、「コントロール可能」な無力感。

災害時、自分が置かれたところで できることは限られているかもしれません。
ですが、できる行動が増えれば増えるほど、無力感を軽減させることができます。

また、「限られた環境の中でも、できる限りのことをやれた」という思いは、こころの回復スピードを早めてくれます。

災害を防ぐ「防災」には限界があると思います。
ですが、災害時の被害を小さくする減災は可能です。

フリーズ(思考停止)にならずに、すぐに行動できる人が増え、災害によって悲しむ人、大変な思いをする人が減りますように…。
一人でも多くの方に知っていただけたらと思います

<関連記事>

LGBT ダブルケア ポリ袋 マイノリティ 三陸 人間関係 住田 台風 大船渡 子ども 学生 心理 新聞紙 洪水 炊き出し 特別支援教育 生きる力 盛岡 研修 親子 防災グッズ 防災情報 防災教育 陸前高田

    

《お問合せはこちらです》