• レジリエンス(折れない心・柔軟性)と自己効力感を高め、変化が激しい時代もしなやかに生き抜く

    クロスロードゲームとは

    「岐路」「分かれ道」。その文字通り、参加者が自分で「二者択一」の判断を下します。

    「人数分用意できない緊急食料をそれでも配るか」など、阪神・淡路大震災の際に、神戸市職員が実際に直面したジレンマや課題をカード化したものです。「ゲーム」とはいえ、判断を下さなければならない内容は、どれもがジレンマや迷う状況ばかりです。

    防災に限らず、他者理解の機会(社内研修等)にもおススメ

    ■災害時への対応力、判断力を身につけながら、多様な考えに触れ、認め合うことも学べます
    ■ ゲームではありますが、防災を自分ごととして深く考えることができます

    この講座の内容と流れ

    ■(1グループ3人~7人)×10グループくらいまで一度に行えます。

    ゲームの流れ

    ①提示された状況に対し、決心を求める
    ②自分の決断をYes、Noカードで提示
    ③決断に至った理由をグループで共有

    ご用意していただく物

    可能でしたら
    ■スクリーン
    ■プロジェクター

    災害時の状況は、あえて「ゆるく」作られているそうです。個人の過去の経験や職業によって、想像する状況が違ってきます。

    時間に余裕があれば、防災講座・避難訓練の大切さもお伝えします

    有事や災害時、8割の方がフリーズ(思考停止)してしまうといわれています。さらに、発災後は防災無線やサイレンが鳴り響きますので、さらに動揺したり冷静さを欠いてしまいます 。

    行動できる人を増やし、困難を乗り越える力を

    大きな自然災害を目の当たりにして、無力感にさいなまれまる方も少なくありません。

    災害時に多くの方が抱く無力感には2種類あります。

    ①災害を前になすすべがない無力感
    ②救助や物資が届くまで何もできなかった無力感



    ①は、災害は、人間の手でコントロールすることはむずかしいので、コントロールできない無力感といえます。

    ②は、救助がくるまでに何かできることがあれば、「コントロール可能」な無力感。

    災害時、自分が置かれたところで できることは限られているかもしれません。
    ですが、できる行動が増えれば増えるほど、無力感を軽減させることができます。

    また、「限られた環境の中でも、できる限りのことをやれた」という思いは、こころの回復スピードを早めてくれます。

    災害を防ぐ「防災」には限界があると思います。
    ですが、災害時の被害を小さくする減災は可能です。

    フリーズ(思考停止)にならずに、すぐに行動できる人が増え、災害によって悲しむ人、大変な思いをする人が減りますように…。
    一人でも多くの方に知っていただけたらと思います

    <関連記事>

    クロスロードゲームの様子

    LGBT エンディングノート ストレス ハラスメント パワハラ ポリ袋 マイノリティ 三陸 住田 勉強 台風 大船渡 子ども 学校 学生 安心 岩手 心理 新聞紙 東日本大震災 洪水 炊き出し 特別支援教育 生きる力 盛岡 研修 終活 職場 親子 豪雨災害 防災グッズ 防災士 防災情報 防災教育 陸前高田 食料備蓄

        

    《お問合せはこちらです》

    [contact-form-7 id=”416″ title=”お問い合せ”]