• レジリエンス(折れない心・柔軟性)と自己効力感を高め、変化が激しい時代もしなやかに生き抜く

    岩手日報記者さんと防災WS|停電・災害に役立つ身近な備え

    ワークショップの目的|災害時に役立つ身近な「備え」 岩手日報の記者さんと防災ワークショップをさせていただきました。 《目的》災害時に役立つ身近な備え 《身近な備えになるもの》1)新聞紙2)ビニール袋(ごみ袋)3)ダンボー …

    続きを読む


    災害時の炊飯体験・避難所グッズ作り|中学校

    防災ワークショップ 大船渡市赤十字奉仕団の皆さんと一緒に、中学校で防災ワークショップをさせていただきました。 前日の夜から、当日の朝も…もちろん、ワークショップ直前も、ものすごく緊張しました。 特に、教えるプロである先生 …

    続きを読む


    新聞紙で防災グッズを作る目的|防災教育|中学

    防災教育(岩手県遠野市-中学生2017.12) 「防災教育の一環として」ということでしたので身に余る重責でしたが、いわての復興教育プログラムや文部科学省の防災教育のねらいを読んで、防災と心理を組み合わせた私なりの「生きる …

    続きを読む


    岩手県地域防災サポーターに登録しております

    岩手県が東日本大震災津波による県民の防災意識の高まりを維持・向上ことを目的に創設した「岩手県地域防災サポーター」に登録しております。(2020年4月現在47名登録)県内各地域の防災サポーターがいらっしゃいますが、地域を超 …

    続きを読む


    メモリアル防災クッキング|山長 小野寺商店 さん

    この日の内容 ①ポリ袋調理②新聞紙で食器作り③出来上がったご飯をおむすびにして実食 ポリ袋にお米とお水を入れ、お湯に入れて30分。1人分のご飯を炊きました。 参加されたみなさん全員が、ポリ袋調理は初めてとのことでした。ポ …

    続きを読む


    メモリアル防災ワークショップ1.17

    阪神・淡路大震災から今年で25年目 《 山長 小野寺商店 (気仙沼)さん主催》阪神・淡路大震災から今年で25年目になります。全国各地で災害が多発しているなか、震災から10年を迎えようとしている今も、関 …

    続きを読む


    避難所運営|防災学習|吉浜中学校11.12

    「生徒さん達に、災害時での対応力を身につけさせたい。」とのことで、今年度はHUG(避難所運営ゲーム)をさせていただきました。HUGは、避難所となった体育館や校舎に避難者を受け入れるなど、グループで避難所運営を疑似体験する …

    続きを読む


    防災講座|炊き出し|婦人部の皆さん|大船渡11.10

    防災講座(炊き出し実習)の内容 ・防災クッキング( 私 Niinuma が担当 )・防災講話(保健師・ 平野智美 さんが担当) ポリ袋調理で炊き出し 経験値が高く、普段の家事等で手慣れている皆さん、一 …

    続きを読む


    防災講座|子育て支援センター|大船渡

    先日、市内の子育て支援センターさんで、おうちの方と一緒に新聞紙で防災グッズ作りをしてきました。まだ、スリッパが完成しないうちから「クック(靴)、クック」と言って気に入ってくれたお子さんもいました♬  避難所となる公民館な …

    続きを読む