• レジリエンス(折れない心・柔軟性)と自己効力感を高め、変化が激しい時代もしなやかに生き抜く

    時間をかけての取材、そして、紙面、テレビ、サイト等で紹介をしてくだってありがとうございました。

    多くの方に、乾燥フルーツComeComeの活動やビタミン類の備えの大切さ、防災・減災についてお伝えする機会をくださったこと、心より感謝申し上げます。

    「被災地」に住んでいながら直接の被害がなかったという罪悪感があり、また、事業を再建するかどうか、迷い悩まれている被災事業者の方がたくさんいる中で、被災もしていない自分が紙面等を通じて表に出ることは、とても勇気がいることでした。

    その勇気が持てずに、何度も取材を断らせていただいた記者さんもいました。
    それでもまた お声をかけてくださって、本当にありがたかったです。

    記者さんが投げかけてくださった質問によって、自分でも知らなかった想いなど、たくさんの気づきをいただきました。真摯な姿勢で向き合ってくださった皆さんの姿に、たくさんの勇気もいただいておりました。

    表に出ることの恐れや、自分の恥ずかしい等という気持ちよりも、
    「災害時の健康維持のための教訓を、一人でも多くの方に伝えることの方が大切なのではないか」と、奮い立たせていただきました。

    被災していない自分が、被災地で防災活動をする勇気をもてたのは
    皆様のおかげと言っても過言ではありません。

    記者の皆様、ライター様へ、直接のお返しはむずかしいかもしれませんが
    防災・減災活動が取材をして下った皆様への恩返しになると信じて、今後も微力ながら精進してまいります。
    取材、編集をしてくださった皆様、本当にありがとうございました。

                

    ■岩手日報様(2015.1.9)
     切り拓く2015 いわて経済

    ■共同通信社様(2015.3.30)
     Kyodo  Weekly  No.13乾燥果実、万が一の備えに

    ■産経新聞様  東北版(2015.3.21)
       乾燥フルーツ、万が一の備えに

    ■毎日新聞様(2015.4.1)
     乾燥フルーツを災害時の備えに

    ■河北新報様(2015.4.13)
     ドライフルーツ 手軽な非常食に

    ■岩手日日新聞社様(2017.9.3.11)
    提唱 農産物加工会社代表

    ■岩手日日新聞社様(2017.9.1)
    身近な物で一工夫 避難時の日用品 防災士が作り方指導

    ■東北・新潟8新聞社  共同企画「輝きウーマン」(2017.10月11月)
     岩手日報社様、東奥日報社様、秋田魁新報社様、河北新報社様、福島民報社様、福島民友新聞社様、新潟日報社様

    ■東北福祉大学 通信教育部(2017.11)
    機関紙『With』 P.42

    ■東海新報様(2018.1.18)
     神戸から東北へ記憶つなぐ、復興支援イベント「アクション7 」

    ■NHK岩手放送様(2018.3.7)

    ■河北新報様(2018.8.9)
    ママの防災力向上を大船渡で「ぼうさいカフェ」避難時のポイント

    ■毎日新聞様 いわて人模様(2018.9.27)
    地域防災に貢献する「乾燥フルーツComeCome」

    ■ベビータウン様 「乾燥フルーツComeCome 防災士」

    ■大船渡市社会福祉協議会様
    おおふなと社協だより2018年10月号「輝き人」

     ■日本赤十字社岩手県支部 様
    有功会いわて第15号

    ■岩手県広報紙「いわてグラフ」第766号(平成31年3月1日発行)
     わんこきょうだいの いわてのとっておき

    ■東海新報社様(平成31年3月13日付朝刊)
    web東海新報  災害に備え学び深める 実践的防災講座を市内で初めて…

     ■東海新報社様(2019年5月11日付朝刊)
    web東海新報  |語り継ぐ「あの日」③

    ■毎日新聞様 (2019.10.9)
    備えに知恵と工夫 新聞紙活用、避難所に個室  発達障害児らが防災学習

    これまでの活動 と 現在の活動のご紹介