• レジリエンス(折れない心・柔軟性)と自己効力感を高め、変化が激しい時代もしなやかに生き抜く


    これは、
    ・災害発生時の心理・行動
    ・災害後に陥りやすい心理状態
    ・サバイバーズ・ギルト(生存者の罪悪感)からの解放
    ・災害ストレスからのこころの回復
     についてまとめたものです。

    有事や災害、緊急時の心理と人間行動

    備える心(防災講座・避難訓練)が大切なことを伝える理由


    ご依頼を受けた防災講座や
    防災ワークショップでは、
    なるべく以下のような心の動きを
    伝えるようにしています。

    伝える目的は、講座を受け身ではなく
    主体的・能動的に防災・減災について
    考え、身につけていただきたいからです。

    

    有事や発災時に陥りやすい心理状態

    画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ダウンロード.jpg

    震災当時、
    これをご覧になってくださっている
    皆さんの中にも、大変な思いをされた方が
    たくさんいらっしゃるかと思います。

    普段の暮らしの中であれば、
    寒い時に新聞紙などの身近なものを
    防災・防寒グッズにすることは、
    きっと多くの方が思いつくと思います。

     
    ですが、有事や災害時、
    多くの人がフリーズ(思考停止)
    してしまうといわれています。

    さらに、発災後は防災無線や
    サイレンが鳴り響きますので、
    さらに動揺したり冷静さを欠いてしまいます 。


    防災講座等では、
    「なぜ避難訓練が大切なのか」
    「備える心が大切なのか」、
    子ども達向けの講座でも伝えるようにしています。

    災害やアクシデント発生時、
    人間がとる行動は、だいたい3パターンに分かれると言われています。
     

    画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 28617156_747166352148643_2468011548927459726_o-1024x576.jpg


    「自分ごと」として、
    もしものときに自分の身を守れる行動が
    できるように「3つの中でどの行動を
    とる人が一番多いか」考えてもらいます。

    上記は、「サバイバル10-80-10理論」と言われるものです。
    100人いたら、だいたい、
    10:10:80の割合に行動がわかれます。
    

    身を守る行動ができる人を増やしたい

    画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 防災講座、避難訓練なぜ大切②-1024x576.jpg


    起こっては欲しくはありませんし、
    考えたくないことではありますが
    災害時は自宅や学校、誰かと一緒のとき、
    周りに守ってくれる大人が必ずいるとき
    だけに起こるとは限りません。

    子どもが一人でお留守番してるとき、
    登下校のときもあるかもしれません。

    どんな時でも落ち着いて行動し、
    自分の身を守れるような子ども達に
    なってほしい、という思いを込めて説明しています。
    また、それが、おうちの方の安心にもつながります。


    (子ども達のまっすぐな視線を
    見ながら話していると、震災当日に
    泣き叫んでいたり、不安な表情で
    おうちの人のお迎えを待っていた
    子ども達の姿が思い出され、
    声が震えてきてしまうのですが…。
    そうならないように、この部分は
    なるべく気持ちが入り過ぎないように気をつけています)

    災害後の無力感・罪悪感からの解放を早める

    大きな自然災害を
    目の当たりにして、
    無力感にさいなまれまる方は少なくありません。

    災害時に多くの方が感じる無力感には2種類あるように感じています。

    ①なすすべがない無力感
    ②救助や物資が届くまで何もできなかった無力感

    

    ①は、人間がコントロールすることは
    むずかしいので、コントロールできない無力感といえます。

    ②は、救助がくるまでに
    何かできることがあれば、
    「コントロール可能」な無力感。
    

    普段から新聞紙の活用方法を
    目にしておけば、パニックや
    思考停止状態になっても
    「あ、そういえばこんな使い方
    できるんだった」と思い出して
    もらえるのでは…というよりも
    思い出していただきたいのです。

    それをきっかけに
    「じゃぁ、新聞紙以外の物も
    何かに代用できるのでは?」と、
    できる行動が増えれば増えるほど、
    無力感を軽減させることができるからです。
     

    画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20190914_002859-1024x576.jpg


    また、
    有事のとき(災害、事件、事故)
    難を逃れた多くの人が感じる
    「サバイバーズ・ギルト(生存者の罪悪感)」

    「限られた環境の中でも、
    できる限りのことをやれた」という思いは、
    サバイバーズ・キルト(生存者の罪悪感)や
    自己攻撃から自分を解放する
    助けとなるからです。

     

    画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20210219_202951.jpg


    身近なもので作る防災グッズは、
    「震災の教訓を伝える」だけでなく、
    災害時のストレスケア、こころの回復にも
    つながります。
    

    災害を防ぐ「防災」には、限界があります。
    ですが、災害時の被害を
    小さくする「減災」は可能です。

    フリーズ(思考停止)にならずに、
    すぐに行動できる人が増え、
    災害によって悲しむ人、
    大変な思いをする人が減りますように…。
    一人でも多くの方に知っていただけたらと思います。
     

    画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スライド2-1024x576.jpg

    災害後に陥りやすい心理状態

    「普段と変わらない日常をおくれる」罪悪感

    災害時は、
    被災地だけでなく、被災地以外でも
    「被災地の人の苦労を思うと…」
    「大変な人がいるのにティータイムなんて…」
    という思いが生じやすく、
    暮らしの中での楽しみや
    笑顔になることもためらいがちになります。


    支援者は あえて、
    下記にある「5つのT」などをして
    災害時のストレスケアや
    燃え尽き防止対策をしながら活動しています。
     

    ストレス反応は人それぞれ

    「あなたの風邪はどこから?」
    というCMがありますが、
    ストレス反応も人それぞれです。

    気をつけていただきたのは
    「ストレス反応が強く出る」=
    「メンタル弱い」ではない
    ということです。

    ストレスの原因が同じ災害で、
    同じような被災状況であっても、
    ストレス反応は異なってきます。

    画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ストレス反応種類-1024x576.jpg


    《ストレス反応が異なるのは…》
    ■ものごとの捉え方や感じ方が人によって異なるから
    災害の前から、いろいろな問題を抱えているとき
    ■家族や周りのソーシャルサポートがえられないとき
    ■過去の経験・体験などで消化されていないものがたくさんあるとき
    ■感情を伝えたり、感情を認めるのが苦手な方
     ➡身体的なものや行動に表れやすい
    など…。


    ストレスの原因や大きさ、
    その時の体調、状況、環境など
    その人の背景にあるものによって
    ストレス反応の出方も、出てくる時期も違ってきます。

    ストレス反応は、気分の落ち込みなどの
    心理的反応だけでなく、身体的反応、
    行動の変化
    などに表れます。


    災害後、自分の感じていることを言葉で
    伝えるのがむずかしい子ども達が
    赤ちゃん返りをしたりするのは、
    ストレス反応が行動となって表れているということです。

    おうちの方も余裕がなかったり、
    例えば兄弟がいたら、つい
    「お姉ちゃん(お兄ちゃん)なんだから
    しっかりして」と言いたくなるかもしれませんね…。

    そのようなときは、
    「地震が怖かったんだね」
    「また地震がくるんじゃないかと
    不安なんだね」と、お子さんの
    言葉にできない思いをきちんと
    受け止めていることを伝えてあげると、
    だんだん赤ちゃん返りなどの
    ストレス反応がおさまっていきます。

    心理的健康に影響を与えるソーシャルサポート(周囲の支え)

    《災害時のストレスケアに役立つ「5つのT」》
      
    Team(仲間)チームで行動、一人で抱え込まない
    ②Talk(話す)気持ちを共有したり、雑談をする
    ③Tea(ティータイム)休憩時間を確保する
    ④Tear(悲しい、泣きたい想いを抱え込まず吐き出す)
    ⑤Time(時間)①~④の時間を意識してつくる

     

    画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: talk.png

     
    コロナ禍で「5つのT」のうち
    むずかしいものもありますが…。
    会えない中でも、
    電話で声を聞いたり
    メッセージのやり取りなどで
    心の交流を感じられると、
    ストレスが軽減されたり
    心のエネルギーの充電ができますょ。

    心を満たしておくことは、
    避けたくなるような被災地の情報に
    触れることができたり、
    被災地の人に対して思いを寄せ続けられるエネルギーにもなります。
    それが、「細く長い支援」につながるのではないかと自分にも言い聞かせています。
     

    上記は、災害ストレスや
    燃え尽き防止だけでなく、
    暮らしのコミュニティや
    心地よい職場環境に作りなどにも役立ちます。


    🍀  🍀  🍀

    この内容が、読んでくださった方の
    防災・減災につながり、さらに
    普段の暮らしや人生がより良いものに
    なりますことを願っております。