• レジリエンスな社会、生き方、育て方。個人と組織のパフォーマンスアップにつなる情報サイト。(一社)トータルセーフティネット。岩手大船渡の防災士・産業カウンセラー

算数・数学で自己効力感を高めるお手伝い

これまでの学習支援は、
昼の時間帯に限定しておりました。

が、以前から、友人や知人から
「夜の時間帯は、学習支援しないの?」と
言われることがあり…、2学期は、
そのような声を聞く機会がさらに多くなりました。

「みるみる点数アップ!」
というようなご要望には
お応えできかねると思いますが、
学習支援を通じて、以下の目的に
つながるのであれば、微力ながら
惜しみなくお手伝いをさせて
いただこうと思い、夜の時間帯に
算数・数学の学習支援をすることにいたしました。

学習支援の目的


《目的》

◆やればできる「自己効力感」を高める
◆進路(将来)の選択肢を広げる
◆折れない心、未来を切り拓く力を育む


なぜ、算数・数学なのか?
特に、「算数・数学」だけに限定
しているわけではありません。

が、今の私にできることで、
上記の目的につながる手段の1つが、
「算数・数学」という感じです。

算数・数学の教科の特徴

私が思う、算数、数学の教科の特徴は、

◆「正解か、正解かいじゃないか」で評価される
◆積み重ね学習の教科

(例えば、それまでの計算(かけ算)ができていないと、次の学習(わり算)もつまずいてしまう)

算数・数学が苦手なお子さんにとっては、
辛く、キライな教科になりがちです。

さらに、
「自分には、できない」
「やってもムリ」と、
お子さんの自己効力感や
自尊感情の低下につながって
いたとしたら、とても もったいなく残念なことです。

ちょっとした つまずき、
自分にあった勉強方法が
見つかっていないだけかもしれないからです。

算数・数学は、自己効力感を高めやすい?


算数、数学の教科は、
「正解か、正解でないか」で、
評価されることが多いです。

ですが、逆に考えれば、
計算の仕方、自分にあった勉強方法が
見つかれば、「自分もやればできる!」
「わかった!」を積み重ねやすい教科です。


学習した結果が、評価となって表れれば、
「自分もやればできる!」という
自己効力感を高めることができます。


また、「自分にでもできる」という
成功体験の積み重ねや
自己効力感の高まりが、他の教科や
ほかのことへの興味・関心、挑戦する力につながります。

ですから、
繰り返しの学習や、算数・数学の
点数アップ以上に、
お子さんに「わかった!」の体験を
していただける、学習のプロセスを
大切にしていきたいと思っております。

おうちの方からすれば、
「いや、いや、何よりも点数アップでしょう!」と
お叱りを受けるかもしれませんが…(汗)。

思春期のお子さんが抱く「正解がない」疑問にも…


私もよく子どもの頃に思っていた、
「何のために勉強するの?」という疑問。

小学生高学年~高校・大学生の
思春期・青年期は、周囲と比較して、
それまでの
「自分は、何にでもなれる」
という万能感や自分への揺るぎない
自信はどんどん失われ、
劣等感を抱きやすくなります。
さらに「自分とは…」を模索する時期でもあります。

「何のために勉強するのか」も、
屁理屈ではなく、本心からの疑問だと思います。

「それまで描いてきた理想の自分」と
「現実の自分」のギャップに折り合いを
つけながら、「等身大の自分」が、
将来、何になれるのかを模索する
ために自然に湧き上がってくるものだと、私は思っています。

教科の勉強だけでなく、
思春期の多くのお子さんが通る、
人生の疑問にも、じっくりと
付き合いたいと思っています。

学習支援をする者、大人の立場
としてだけでなく、一個人として、
向き合わせていただけたら…と思っております。

これもまた、算数・数学の学習支援の目的の一つです。

(私の場合は、「何のために勉強するのか」を
勉強しなくてもいい理由にして、
現実逃避に使ってしまったような気がします。
そんな大人に、大事なお子さんを預けられるか…
と逆に、マイナス情報になるのを覚悟の上です💦

ですが だからこそ、お子さんが
疑問を抱く気持ちが人一倍理解できる
ような気がしております。
と、開き直っているような印象を与えて、
さらにマイナス印象を与えてしまいそうな不安もありますが…。)

「認知的能力」と「非認知的能力」


「この勉強が将来、役に立つの?」
「何のために勉強するの?」という、
「正解がない疑問」は、
すぐ答えがでるはずもなく、
時間もかかり、苦しい時もあるかと思います。

そんな思いを、おうちの方にぶつけて、
衝突…なんてこともあるかもしれませんね…。


ですが、その答えを探したり
自己決定する過程は、
成績や学力という数字では表せない、
お子さんの根っこの部分が伸びる貴重な時間です。

数がわかるなど、IQなどで測れる力は、
認知的能力」と呼ばれています。
一方で、IQなどで測れない
内面の力は、「非認知的能力」と呼ばれます。


学習支援の過程を通じて、
「認知的能力」だけでなく、
「非認知的能力」を育てるお手伝いができればと思っております。
(自分で、かなりハードルを上げてしまいました(汗))


学習や日常生活の中での、
「自己効力感」の連鎖が、
困難を乗り越える折れない心と、
お子さんの未来を切り拓く力になっていくと信じています。

算数・数学の学習は、曜日・人数限定で行います


これまで行っていた、オンライン相談も
継続していくため、
申し訳ございませんが、
人数、曜日限定となります。

また、コロナ感染防止対策のため、超少人数で行います。

個別、自宅訪問、兄弟一緒に、
曜日等は、各ご家庭のご事情
ご要望があるかと思いますので、
要相談で対応させていただきます。


お問合せ、お試し学習は、お気兼ねなく…
以下のお問合せ先からお願いいたします。

《問合せ先》
メール:n.mayumi115(at)gmail.com

(お手数をおかけして申し訳ございませんが、
(at)を@にして送信してください)

◆料金等は、以下のページに詳しく掲載しております。