• レジリエンスな社会、生き方、育て方。個人と組織のパフォーマンスアップにつなる情報サイト。(一社)トータルセーフティネット。岩手大船渡の防災士・産業カウンセラー

三陸沖地震の特徴と、他の地域との違い

三陸リアス式海岸

11月5日は、「津波防災の日」「世界津波の日」
三陸地方は、東日本大震災以前の過去115年の間にも3回、地震津波による大きな被害を受けていますが、他の日本海側や南海トラフ地震と大きく異なる特徴があります。

三陸沖地震は、日本海溝における海溝型地震の中でも、遠方の海域で発生する地震なので、日本海側や南海トラフ地震と比較して「津波が来襲するまでの時間が長い」のです。

南海トラフの海溝型地震

南海トラフの海溝型地震は、震源が内陸に近く津波襲来までの時間が早いため、避難タワーがあるところが少なくありません。
南海トラフの津波対策で衝撃を受けたのは、海に近い学校では、子ども達の命を守るための救命胴衣が教室やロッカーにかけられていること。
それくらい津波襲来までの時間が短いということです。

「津浪が来たら高台へ」

「津波が来たら高台へ」これは、全国共通・世界共通の津波対策だと思っていましたが、これができる地域は限定されるのです。
逃げたくても逃げられない地域が、たくさんあります。    
  

近年の災害から思うこと…

また、近年の災害を見ていると、地象災害(地震、津波など)と気象災害(大雨、台風など)が同時に起こることも想定しておかなければ…と思ってしまいます。
    
予測できない地震、火山などと比較して、津波は予測できる災害。
せめて、予測できる津波だけでも被害を最小限に抑えたい…。
しかも三陸は、逃げることが可能な地域。
      
津波が襲来するまでの間に避難できる時間がある三陸は、「犠牲者ゼロ」が不可能な地域ではないのです。
   
三陸津波の教訓を活かし、悲しむ人を一人でも減らし、津波犠牲者ゼロを目指してほしい…。
 
震災で「想定外」をたくさん経験した大人たちで、想像力と知恵を働かせてできる限りの想定と減災対策をして、子ども達の将来へつなげていけたらと思っています。

大船渡市の夜景
陸前高田の一本松