• レジリエンス(折れない心・柔軟性)と自己効力感を高め、変化が激しい時代もしなやかに生き抜く

    マイ・タイムラインとは

    台風や大雨の水害等の予想可能な災害に対し、家族構成や生活環境に合わせて、「いつ」「誰が」「何をするのか」をあらかじめ時系列で整理した自分自身の防災行動計画のこと、です。


    防災リーダーの講義の前に、台風や大雨の減災対策を知りたくてマイ・タイムライン(事前防災行動計画)の講習を受けました。
    大雨洪水の災害について、勉強不足だったことを痛感しました!
    いま一度、確認しておかなくては…と思わされました。

    確認しておくべきこと

    ①ハザードマップ、避難所の確認

    住んでいる地域だけでなく、通学路、通勤、買い物先などで、普段よく行く地域もチェック

    ②浸水の深さ

    浸水の深さを知ると、歩行する際の難易度や住んでいる場所によっては、垂直避難だけでは危険だということを知ることができます

    ③想定災害規模降雨による浸水継続時間


    これによって、薬やおむつ等、備蓄品の不足防止ができたり、事前対策を見直すきっかけになると思います。

    ④算定の前提となる降雨


    この降雨よりも雨が降ったら…。
    事前対策や避難するタイミングを早める。浸水継続時間が長引くことも想定できます。

    既にご確認済みの方もいるかと思いますが、どうか、皆さんにも いま一度、確認しておいていただきたいです。

    ▼浸水継続時間等の情報


    ▼岩手河川国道事務所 洪水浸水想定区域(北上川水系)
    URL http://www.thr.mlit.go.jp/iwate/bousai/sonae/sinsuisoutei/