• レジリエンス(折れない心・柔軟性)と自己効力感を高め、変化が激しい時代もしなやかに生き抜く

    政府が推奨する「1週間分の食料備蓄」


    これだけ聞いたら、
    食料備蓄へのハードルが高くなる人が
    増えるだけなのでは…と気になっていました。

    さらに今はコロナ禍で、
    世帯収入が減っている家庭も少なくありません。
    備蓄のために、防災専用の食品を
    購入できる家庭がどれだけあるでしょうか。


    冷蔵庫の中の食材、
    常温保存している食品なども
    活用することも合わせて伝えれば、
    「1週間分の備蓄」のハードルを
    下げて「備える行動」につなげることが
    できるのではないか…と以前から思っていました。

    家庭に普段からありそうな食料で、
    3日分の食料備蓄が可能かどうか検証してみました。
     


    ■備蓄分をプラスして多めに購入しておく
    ■調理不要で、1つでも多くの栄養素が摂れる食品も必要 など…

    普段の買い物の中で
    「1週間分の食料備蓄が可能」だと思いました。


    今はコロナ禍、
    自分もいつ検査対象者になっても
    不思議ではありません。

    自分が検査対象者になるということは、
    濃厚接触者である家族も検査対象者になるのでは…?

    検査を受けたことがないので
    この先は想像ですが、検査結果で
    「陰性」が確認されるまで、
    「家族全員、外出制限」となるのではないでしょうか。

    災害だけでなく、コロナ禍の今は、
    普段の暮らしの中でも「まさか…」の
    事態は他人事ではありません。

    もしものときに、あわてないように
    普段の買い物の中で意識しながら
    購入していただきたいです。

    また、
    「1週間分の食料備蓄」のハードルが
    少しでも下げることができれば幸いです。