• レジリエンス(折れない心・柔軟性)と自己効力感を高め、変化が激しい時代もしなやかに生き抜く

    防災・減災意識の大切を理解してもらうためのワーク

    防災講座等では、 「なぜ避難訓練が大切なのか」「備える心が大切なのか」、子ども達向けの講座でも、伝えるようにしています。


    災害やアクシデント発生時、人の取る行動は大きく下記の3つに分かれます。


    「自分ごと」として、もしものときに身を守れる行動がとれるように、「3つの中でどの行動をとる人が一番多いか」考えてもらいます。

    • ①落ち着いて行動できる人=約10%
    • ②ショック状態に陥り何もできない状態になる人=約80%
    • ③われを失って泣き叫ぶ人=約10%

      上記は、「サバイバル10-80-10理論」と言われるものです。

    起こっては欲しくはありませんが、災害時は自宅や学校、誰かと一緒のときだけとは限りません。子どもが一人でお留守番してるとき、登下校のときもあるかもしれません。

    どんな時でも落ち着いて行動し、自分の身を守れるような子ども達になってもらいたいですね!

    それが、おうちの方の安心にもつながりますので・・・。